レーザー加工・板金加工・アルミ型材加工

イコマ工業 株式会社

モノづくりの街 東大阪で40年超えのモノづくり

大阪府東大阪市箕輪2-6-26

mail

本社 板金加工設備紹介

TOP > 設備情報 > 本社 板金加工設備紹介

レーザー加工機(トルンプ社製)

鉄、ステンレス、アルミなどの板に穴あけ、切断加工を行う機械です。 【特徴】金型不要です。
段取り時間が短い為試作や小ロット対応が可能です。
窒素ガスを使ったクリーンカットでは切断面に焼けが発生しません。
写真のような小さい物から長さ2500mmの物まで加工可能です。

加工可能サイズ:板サイズ:最大1250×2500
板厚:鉄 20mm
ステンレス 12mm
アルミ合金 8mm

レーザー加工機(トルンプ社製)

パンチプレス・レーザー加工複合機(トルンプ社製)

鉄、アルミ、ステンレスを平板の状態で穴あけ及び成形加工をする機械です。

【特徴】
様々な金型の組み合わせで穴あけ、角部分の切り落としなどが可能です。
レーザーを使用する事によって金型での加工が難しい複雑な形状の加工に対応可能です。
成形金型を使用して、バーリング、カウンターシンク、曲げ加工なども可能。 CADから作成されたデータを基にコンピュータ制御で動いており、1/10mm単位で加工を行います。
弊社での加工可能サイズ:最大1250×4000まで加工可能
金型の組み合わせ及びレーザーでの加工が出来るので、お客様の金型負担無しで加工できるケースが殆どです。 (特殊形状の穴や成形加工がある場合は金型費用が発生します)

パンチプレス・レーザー加工複合機(トルンプ社製)

ブレーキプレス

板の曲げに使われる機械です。

【特徴】
機械に取り付けた曲げ加工用の金型が上下する仕組みになっています。
その金型の間に鉄板を挟むと鉄板が曲がります。
鉄板への圧力をコンピュータ制御で調整する事により1度から180度まで曲げ加工が可能となります。
色々な種類の曲げ用金型が弊社に用意されていますので、金型費用が発生する事は殆ど有りません。(特殊な曲げが要求される場合は金型発生する場合もあります) 最大加工サイズは長さ4メートルまで曲げ可能です。
写真の機械以外に3台の機械を保有し、商品の長さで使い分けています。
最新のブレーキプレス【HDS8025】 及び【HDS2204】を2012年、2013年に導入しました。
長さ4メートルまでの曲げを精度良く加工します。HDSは曲げ精度に定評のある機械で、数量の多い加工でもバラツキの少ない加工が可能です。

ブレーキプレス

シャーリング

平板を切断する機械です。
鉄、ステンレス、アルミなどの金属の板は1219mmx2438mmなどの標準サイズで販売されています。
小さい物を加工する時に標準サイズのままでは大きい場合があります。その際にシャーリングで希望サイズに金属板を切断してから加工します。
最大加工サイズ:長さ4メートルまで切断可能
切断可能板厚:0.5mm~4.5mmまで(鉄板)

シャーリング

スポット溶接機

電気と圧力で金属と金属を溶着させる機械です。
板と板を貼り付けたい部分に瞬間的に高圧電流を流し、その部分だけが溶ける事によって2枚の板が溶着します。

スポット溶接機

プレス(45トン及び80トン)

機械に金型をセットして、板を金型の形状に加工します。
プレスでは金型が必要な為、初期費用が割高になりますが、加工スピードが速いので個々の加工単価が安くなります。
加工ロットが300個以上でリピート商品ならばプレス加工がお勧めです。

プレス(45トン及び80トン)

NCゲージ付きパイプ切断機(鉄、ステンレス用)

鉄やステンレスのパイプやフラットバーを切断する為の機械です。
切断寸法を入力するとゲージが自動で動き、正確な寸法での切断が可能です。

NCゲージ付きパイプ切断機(鉄、ステンレス用)

NC スタッド溶接機 テーブルタイプ

鉄やステンレスのスタッドボルト、ナットを溶接する機械です。
テーブルが特注サイズになっており展開寸法2000X1000までの加工が可能です。

又、他の機械では加工出来ないM10ボルトまでスタッド溶接が可能となっています

加工サイズ:ボルト M3からM10、ナットM3からM6

 

 

板金加工設備一覧表

NC スタッド溶接機  1台
板金用CAD/CAMソフトMETACAM 1台
レーザー加工機(トルンプ) 1台
ターレットパンチプレス 1台
ブレーキプレス 4000mm用 1台
ブレーキプレス 3000mm用 1台
ブレーキプレス 2000mm用 1台
ブレーキプレス 1200mm用 1台
110トンプレス 1台
80トンプレス 2台
50トンプレス 1台
スポット溶接機 3台
スタッド溶接機 手打ち用 1台
アルゴン溶接機(TIG溶接機) 3台
半自動溶接機(MAG溶接機) 2台
ボール盤 3台
バリ取り機 2台
ブラザータップ加工機 2台
パイプ切断機 1台

お問い合わせから納品まで
FLOW

※図面がなければ手書きでも結構です。

1.まずは見積をご依頼ください

お見積にあたり、わかる範囲で結構ですので下記情報を教えて下さい。

完成品の図面、又はイラスト
(ファイル形式はDXF, DWGで対応しています。)
材質(鉄、ステンレス、アルミ、銅など)
表面処理などの仕様(塗装、アルマイト、メッキなど)
予定発注ロット数
リピート品となるのか一回限りで終わりなのか
ご用途
見える位置で使用されるのか、隠れる場所で使用されるのか?
見た目の重要性
キズの全くない物が要求されているのか、多少キズがあっても良いのか?
希望単価の有無
希望単価が有れば、その範囲内で製作出来る方法を考えてみます。
専用金型作成可否
金型を作る予算があれば工程を短縮して製品のコストを安く出来る可能性があります。

2.お見積・ご発注

お見積を作成しますので、ご検討いただきご発注ください。

3.加工データ作成・製造・検査・納品

ご注文内容に基づきNC加工データを作成し、製品の製造を行います。製造完了後は検査を行い、納品となります。
リピートのご注文時は加工データを保管しておりますので、製造工程からのスタートとなります。